ユーロ円4月30日の相場分析と欧州時間の特徴

スポンサーリンク

$兼業主婦FXトレーダーゆずっこゆい。時間の癖と日足ライントレードで家を買う。

今日は日本時間は寝ていたので、欧州時間から参戦しました。

いつも注目している

10時のエントリー11時45分利確ですが、今日は11時45分になっても10時15分の高値をこえることができませんでした。

ここでも売りと判断するポイントの1つです。

もう1つは東京時間の安値をブレイクした戻り売りです。

画像にあるようにブレイクした後に128.05まで戻ってきていました。

日足のレジサポがきいています。

1日のうちでエントリーするのは3回ぐらいがいいです。

エントリーしすぎるとただのポジポジで損失も大きくなると思います。

私がエントリーするのは、

10時

15~16時

金曜日は深夜0時です。

押しがある時間、戻りがある時間からエントリーすると1回の取引で50pipsぐらい取れます。

いつも同じ時間に取引すると時間の癖がわかって、粘ってもいいときとだめなときの判断ができます。

欧州時間の特徴は、東京時間でやられたら嫌なことをしてきます。

そしてブレイクしたところから100pipsを狙ってきます。

決済ポイントは18時、20時、0時です。

指標は全く気にしていません。

オシレーター系も表示させていません。

時間の癖と日足ライントレードのみでシンプルに取引しています。

にほんブログ村 為替ブログ FX 主婦投資家へ

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ