どうやって入口と出口を決めているのか

スポンサーリンク

 

①エントリーする

 

(ドル円1時間足)

 

9時~15時(東京時間)の高値安値を桃色で囲んでいます。

東京時間の高値安値にひきつけてエントリーしています。

 

 

 

 ②逆指値を入れる(損切りをする幅を決める)

逆指値は-7pips以内にしています。

エントリーしたところから-7pips動くと損を確定するという設定のことです。

(ドル円4時間足)

 

 

③出口を決める

決済したい値(利益確定したい値)を決めます。

 

逆指値(損切り)<指値(利益確定)ならばエントリーします。

逆指値が-7で指値が+35ならOK!

 

 

 

(ドル円15分足)

 

15足でタイミングをとってエントリーします。

 

 

 

(ドル円日足)

 日足を見るとまだレンジですね。

 

 

 

 

 

 

 

*まとめ

①どこのラインに引き付けるか?

②どこに逆指値を置くのか?

③どこまで狙うのか?

④逆指値以上の利益があるのか?

⑤逆指値<指値(最低でも1:3)

⑥GO!!