その市場がどちらに動こうとしているか?*週単位の取引履歴

スポンサーリンク

今週の取引について、月曜日と火曜日のラインにひきつけていませんが、どこでエントリーしたのですか?という質問をいただいたので記事にします。





12月24日(水)

ショートエントリーをしましたが、この日は仕事を休んだので東京時間成行でした。
その市場がどちらに進もうとしているのか?を重要視しています。


そこで市場の時間をおさらいします。
東京市場9時~15時
ロンドン市場17時~1時30分(現在冬時間)
ニューヨーク市場23時30分~6時(現在冬時間)

火曜日の朝の時点では、まだロングのポジションを持っている人が多いなということがわかります。

水曜日の朝の時点では、ロングのポジションを決済しはじめた人がちらほらいるなということがわかります。



上記の画像で茶色で抵抗帯に丸をしています。
抵抗は長い時間ほど信頼できます。

水曜日上の抵抗帯を早朝から東京時間に向かってブレイクしていかないので形が崩れてきたなと判断しました。
9時の高値に損切りを置いて10時前にエントリーしました。(結果的に東京時間の高値になっています)
決済については9時から11時に向かって下に進んでいるので半分時間決済して、半分は伸ばすという選択でもいいですね。


これは1年前ずっと東京時間メインでやってきたこと、成行だからできたことです。
(東京時間成行では10時前後に入ることが多いです)




日足の大きな流に乗るとすれば、120.05Lか120.15Lに指値をだします。


今自分が取引している市場がどちらに進もうとしているのか?ということを意識した今週の取引でした。



{DB798532-A278-41EC-BA04-61E624AF5F84:01}















ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 為替ブログ FX 主婦投資家へ

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
クリックありがとうございますぺこ