ユーロドル5月4週目の取引履歴

スポンサーリンク

ドル円見送り。

理由は先週同様、水曜日の時点で結構動いちゃっていたため。(200pips近く)

ユーロドルはまだ200pipsも動いていませんでした。いつもならもう少し動くので入れるかなと思いました。

いつも土曜日の朝に、ドル円、ユーロドル、ユーロ円のチャートを印刷して、検証しています。

ユーロドルに関しては、ドル円よりも動きはじめるのがはやく、火曜日が入りやすい日が多いです。もしくは木曜日が入りやすい。

水曜日に入ると、木曜日に建値付近まで戻ってくることもしばしばです。

今週火曜日に入るならば、ニューヨーク時間に入れるかなと思ってみていました。

さて、水曜日になりました。

選択肢は売りです。

理由①

先週、先々週の安値を更新しています。

理由②

水曜日の時点で、月曜日東京高値安値、火曜日高値安値、よりも下にいます。

理由③

月曜日の高値は1.0008、火曜日の安値は1.0862です。

1.0008-1.0862=値幅は146です。最近のユーロドルの週ボラは200、300とあるのでまだ動く余地ありと判断しました。

大きな足で何回も止まっているところは誰もが意識します。

止まるところではしっかり止まるということがよくわかります。

火曜日の東京安値1.0927にひきつけて入りました。

image

ポジションはこちらです。

木曜日になりました。

あれ、水曜日に動かなかったので、木曜日に動くかな。と思い、水曜日東京高値1.0915に指値をいれていましたが、4時間後に損切りになっていました。

私の中で、エントリーして瞬殺で損切りになるトレードは待ちきれていない焦りすぎトレード。

逆指値-7で4時間生き延びていたので、抵抗ができていたということ。

逆に行ったら仕方ないです。

そのための逆指値。

反省としては、水曜日に東京安値をブレイクしても、すぐに戻ってきて、サポートされている形になっていたので、もう一段上がるかもしれないという思いがあったので、自信があるトレードではなかったなというのが反省です。

1か月、毎週取引履歴を公開してみました。

他にも書きたいことがたくさんあります。

取引履歴、メンタル、4コマなど織り交ぜながら続けていけたらなと思います^^