読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学習定着率をあげる早道は、他人に教えること。

スポンサーリンク

「学習定着率」という言葉をはじめて知ったとき目から鱗でした。

勉強したことを半年後に何%覚えているか?

授業を受けただけだと5%しか覚えていません。

このラーニングピラミッドでインプットとアウトプットの線が引けると思います。

授業を受けて、教科書を読んで、動画を観て、実際の取引をしているところを見ているまでがインプット。

他人に話して、自分も取引してみて、その体験を他人に教えるまでがアウトプット。

記憶していなければ、定着していなければ、失敗は繰り返してしまうし、成功は繰り返すことができません。

私はスカイプで通話するときにいつもこの言葉からはじめます。

「わからないことを教えてください。」

私の知識を先に話すのではなく、どのような疑問があるのかをまずはじめに教えてもらっています。

教える→教えられる→教えられるの繰り返しでお互いにアウトプットができる場所。

これからももっとそんな場所をつくっていきたいです。

20代のうちは、会社で社会勉強をすると決めています。

理不尽さ、時間のなさ、体力の消耗、競争、積み重なるストレス、やりたいことが消化できない、うらやましい気持ち、負けたくない気持ち、書き出したらたくさんでてきます笑。

これらの経験が今後役にたちます。

今すぐやめてしまうこともできますが、この「我慢」がトレードにおける「待つ」につながります。

30代で専業になり、店舗併用住宅で、たくさんの人とFXの話をします。

店舗でどんなメニューを出すのかも決まっています。

夢も人に宣言した方が叶います♪