動画でFX*第1回目「相場の神様はあなた自身」

スポンサーリンク

去年の10月にピアノを習いはじめました。

楽器に触れることが1番の趣味です。

自分が自分でいられます。

リラックスできます。

気分が上がります。

発表会は暗譜します。

楽譜は見てはいけません。

暗譜するぐらい練習が必要です。

FXも覚えてしまうぐらい練習(まずはデモ口座から)が必要です。

image

フレーズごとにアルファベットを書きます。

くじ引きをゆずちんにまぜてもらいます。

私がひきます。

これで暗譜していきます。

平日は弾く時間がないので、ちょっと焦っていました。

1日1日フレーズを暗譜する。

いっきにやるのではなく、1フレーズずつ。

FXもいっきにやろうとすると何がよくて、何がよくないのかがわかりません。

・手法の違いによって口座をわける

・朝だけトレードする。

・検証は土日に1時間だけ。

このようなイメージです。

ドレス、ショール、ネックレスを買って、わくわくしていました。

ドレス何色にしようかな~と相談するのも楽しかったです。

image

image

ネイルもしてもらいテンションをあげました。

image

発表会の場所はホテルでした。

本番です。

朝からどきどきしていました。

夏でも汗をかかないのですが、手はしめっていました。

指が震えていました。

鍵盤もガタガタしていました。

これがカクブル状態→(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

ちょこちょこミスしていますが、何とか弾ききりました。

力が入らなくてこれが本番の緊張感・・!!!

損と利のバランスを守り、トータルでプラスになるイメージ。

トレードするまでにどれだけ準備をしましたか。

いきなり舞台にたてますか。

その取引履歴を人に見せることはできますか。

損切りを入れていますか。

大事なお金をかけているのに!!

image

演奏が終わりほっとした後は、待っていました!の時間です。

食事は、ビュッフェ形式です。

image

講師の演奏を聴きながらの食事、とっても優雅です。

撮り直しができないこれっきりの本番。

*反省点

もっとゆっくり弾くつもりでしたが緊張したら少し早くなる。

f(フォルテ)→転調mp(メゾピアノ)→f→ff→ppという構成でしたが、弾くことに必死で強弱があまりついていない。

致命的な和音ミスが1か所ある。

最後はもっとピアニシモでリタルダントをかけるつもりだったがそれどころではなかった。

震えがあり指に力が入らなくなる。

オクターブが続くフレーズが苦手

とにかくどきどきした。真っ白になりそうだった。

*改善点

もっと人前で弾くことに慣れる必要がある。

技術面での基礎を固める必要がある。

練習開始から本番が近かったのでどうにしかして覚えた。初見力をアップさせることにより余裕が生まれる。

楽典を勉強する。音の構成を理解する。

この緊張感いかがでしたか。

弾きおわった後は放心状態でした笑。

第1回目はピアノ演奏をお送りしました。

この記事に50件いいね!!がついたら第2回目があるかもしれません・・!!

次回はあの人と対談!!??

お楽しみに・・・・☆