考え方の癖を変えること

スポンサーリンク

<5年前の私>

会社に行くのが嫌で毎朝拗ねてぐずぐずしていました。

寿退社した人が羨ましい。

他人と関わることが苦痛でした。

<2年前の私>

会社に復帰するのが嫌で八つ当たりしていました。

もっと子供と一緒にいたかった→ただ楽をしたいだけと言われる(半分当たってます)→専業主婦でいさせてくれる人が羨ましくて仕方がない→私の旦那は許してくれなかった→負のスパイラル。

忙しくて、体力的にもきつくて、しんどいとばかり思っていました。

他人と比較ばかりしている私。

<今の私>

会社に行くのが前ほど嫌ではなくなりました。

環境が変わったのではなく、考え方のクセが矯正されてきたのです。

それは、、FXというものを通じで考え方が変わったからです。

「人のせいにしない。自分の責任」

「自己成長に集中する」

「経験→検証→改善」

仕事そのものは楽しいものではないのですが、楽しくするように考え方を転換することができるようになりました。

しんどい経験と、どうやったらもっと楽になるかの検証、そして改善。

これが仕事にも生かされたのです。

人見知りでできるだけ人と関わりたくなかった私でしたが、人づきあいも苦痛ではなくなってきました。

職場でも趣味を楽しもうと思えば楽しむこともできます。

image

ランチに連れて行ってもらったり

image

おうちで焼肉パーリーしたり

image

アンサンブルしたり♪

ずーーーっとパソコンに向かってカチャカチャするのはしんどいし、何十時間も集中してできるはずがないです。

1日の大半を仕事に使うので、辛いだけだと悲しいです。

FXと同じく、楽に、楽しく。