読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法のコンパスから追い風が吹いている

スポンサーリンク

兼業主婦FXトレーダーゆずっこです。

芸術の秋ですね虫食いもみじ

キングコング西野さんの「魔法のコンパス」を読みました。

image

この本を読むまでは好き、嫌いの感情はなかったのですが、西野さんめっちゃええやん!!!考え方好き!!!となりました。

こんな才能が隠されていたとは・・・

なぜ「問い」が生まれるのか?

居心地の悪い場所にいるから、どうしたら心地よい場所に行けるか?という「問い」が生まれる。

確かに、組織という縛りが苦手な自分、大人数・他人と長時間いることが苦手な自分、時間に追いかけられる自分、この居心地の悪さからFXの手法は生まれました。

何も思いつかないのは、その場所に満足しているから、問いは生まれない。

追い風も向かい風も前に進むことができる

追い風はもちろん、向かい風も進む力となる。

ヨットの帆の傾け方次第で、向かい風も進む力となる。

1番辛いのは風が吹いていないとき。

自分の力のみで進まなければならない。

FXも1人でやっていたら1人分の力。

そこに他の力があると掛け算ができる。

向かい風も常に追い風!!!

向かい風を使ってしまえ!!!

空気を読むことは簡単。多数派を選べばいいだけだから。

日本では個人が目立つと、どうしても叩かれ、嫌われる。

自分の好きなことをして、思う通りにしたいと心では思っていても、周りの空気を読んで控えめにしておくことが「賢い処世術」と考えている人もまだまだ多いかもしれない。

そうそう、私は協調性がないし、多数派にもなれないのですが、それでいいと思っています。

個を無くしてまでも、全体とは交わらない。

自分軸で生きること。

自分が楽しければいいのだ。

他人の取引履歴も気にならないし、自分が自分で心地よい履歴(作品)を作れたら満足。

西野さん語録

散々っぱら僕を叩いて、僕に時間を使っていた間、僕は皆様には1秒も時間を使っておらず、僕は僕に時間を使い続けました。

このフレーズめっちゃ好きです。

他人と違うことをしている人、常識、型から外れている人って批判を受けやすいです。

ですが、自分は自分に時間を使いました。

まさしく自己集中。

ライブに足運んでくれたり、本を買ってくれて、自分の活動に興味ある人、「好き」って言ってるくれる人の数しか、計上しません。自分の味方の数だけ、数えていればいい!

自分のことを見てくれている人を、味方につければいい。

生み出す力のほうがすごいです。

批判するだけなら誰でもできるし、簡単だし。

終始、共感と、へえ~の連続

型にはまりたくない、組織という大きな枠で小回りがきかないのが嫌だと思っていた私。

稼ぐ!稼ぐ!となるとしんどくなります。

好きなことを徹底して、信用の面積を大きくしていけばいいんだ。

肩書なんて捨てちゃえ~!

FXもするし、カスタマイズもするし、音楽もやるし、うさぎだって描くし。

クラウドファンディング、待ち合わせ場所をつくる、1日をプロデュースすというアイディアをもらいました。

信用の面積を広くいていきます。