お片付けしなさい!と怒っているあなたへ*子ども目線で一緒に考える子供のおもちゃ収納術

スポンサーリンク


先日整理収納アドバイザー1級1次試験を受けたゆずっこです。

お母さま方、「はやくお片付けしなさーーーい!!!!」と子供に怒っていますか?

子供がお片付けできない原因を解明します!!

整理収納のステップ

整理収納には順序があります。
整理ができてから収納です。

お片付けができないのは、整理の前にとりあえず箱の中にぶち込んで収納しているつもりになっているのかもしれません。


①所有の意味を考える
「誰が何のために持っているのか」を考えます。

例)娘のお気に入りのプリキュアの人形


②モノの本質を考える

「モノの役割をきちんと果たしているか」を考えます。

例)娘のお気に入りのプリキュアの人形→いつ使った?壊れていないか?

*子供と一緒に考えましょう




③整理の狙いを明確にする

例)見た目をすっきりさせたい
例)子供が自分で片付けできるようにしたい




④狙いからグループ分けする

例)人別に分ける
例)アイテムごとに分ける(人形、レゴ、おままごと)
例)使用目的ごとにグルーピングする(お手紙を書く用に使うもの)


⑤使用頻度からさらにグループ分けする

例)毎日使うおもちゃ
例)週に2~3回使うおもちゃ
例)オフシーズンのおもちゃ


⑥収納を分析する

人がモノを取り出しやすい高さは、中→下→上の順です。

目線から腰高が1番取り出しやすいです。





⑦グループと収納を重ねる

グループ分けしたものを収納スペースに割り当てていきます。



⑧指定席の完成

例)オフシーズンのものは上段または奥にする。
押入れの1番上の段は、天袋といいます。
天袋には年に1度しか使わないもの、思い出ボックスを置くといいですね。

例)家族の身長を考える
夫167㎝、私151㎝、子供100㎝です。
目線より高い場所は取り出しにくいです。

例)何がどこにあるかわかるようにする
ラベリングします。



では、子供のおもちゃを整理収納していきましょー!!




準備するもの


おもちゃを入れる箱。
私は吉川国工業所 コンテナースリム(浅) ホワイトを使っています。





seriaに売っている写真を入れるソフトケースと、写真を印刷する用紙。


ラベリングするときに使うラベルライター。
私はブラザーのラベルライター「ピータッチ」を使っています。




整理収納のステップ④狙いからグループ分けしたおもちゃの写真を撮っていく


「食べ物」にグループ分けしたおもちゃ


「おままごと」にグループ分けしたおもちゃ


「りかちゃん」にグループ分けしたおもちゃ


写真を印刷しよう


私はbrother プリンター A3 インクジェット複合機 PRIVIO DCP-J4225N-Wを使っています。



アプリから簡単に転送できます。


セリアで買った写真用紙を入れて印刷します。



ラベリングしよう

seriaで買ったソフトケースに写真を入れていきます。


後ろに両面テープを貼ります。


文字と写真でラベリングできました♪



和室のキッズスペースはこうなりました



子供の力はそれほど強くないので、絵本はブックエンドを3つ入れて出し入れしやすくしています。


・「ぬりえ」には、おえかきする用紙が入っています。
・「あくせさりー」には、おもちゃの指輪とブレスレットが入っています。
・「てがみ」には、かわいい便箋が入っています。


おえかきセットでグルーピング。


大きいおもちゃは押入れの下段にあります。
・りかちゃんの家
・スピログラフ
・トミカ
・世界地図パズル
・ボール


メルちゃん夜に見ると怖い・・・






子供と一緒に楽しく「整理収納のステップ」を踏んで指定席を決めていきましょう♪








整理収納に使っているもの一覧

吉川国工業所 コンテナースリム(浅) ホワイト


brother プリンター A3 インクジェット複合機 PRIVIO DCP-J4225N-W


ブラザーのラベルライター「ピータッチ」